リッチな男になる方法

リッチな男になる方法

学生時代から「月収100万・全国一位」の記録を出した夫を持つ妻が語る、仕事と家庭の成功法則。

アフィリエイトをやっていい人、やってはいけない人

これは、ネットビジネスで成功されている経営者の方から、直接伺ったお話です。

ちなみに、その方は1つのHPだけで月収100万円以上稼いでらっしゃって、3日間で300万円という高額セミナーに参加される次元の方です。

f:id:ma-produce:20161211000041j:plain

「ネットビジネス=アフィリエイト」ではない

ちまたでは、「ネットビジネスをやるならまずアフィリエイト」と提唱されている方がいらっしゃいます。

確かに、アフィリエイトは非常に分かりやすい手法ですし、その方法で(自称)稼いでらっしゃる方はたくさんいますね。

 

でも、その経営者の方は「全員ひとくくりにアフィリエイトを勧めるのはおかしい」とおっしゃっていました。

なぜなら、ビジネスモデルは個人個人の強みを見て考えるべきだからです。

 

※アフィリエイトとは「成功報酬型広告」のことです。自分のサイトに広告を設置し、その広告経由で商品やサービスが購入された場合、生じた利益に応じて広告主(自分)に報酬が発生するというビジネスです。

 

自分の強みからビジネスモデルを選ぶべき

まず、起業するのであれば、稼げるビジネスモデルを考えなければなりません。

ビジネスモデルの選択肢の一つとして「ネットビジネス」があり、ネットビジネスの中の一つとして「アフィリエイト」があるわけです。

 

ビジネスモデル>ネットビジネス>アフィリエイト

 

例えば、起業しようとする人の強みが「対面営業」ならば、アフィリエイトを勧めるのはおかしいですよね。

そもそも(ネットを手段として使うとしても)リアルビジネスをメインに持ってきたほうが、絶対に強みを活かせると思いませんか?

このように、ビジネスモデル(アフィリエイト)ありきではなく、自分の強み、スキルを棚卸しした上で、ビジネスモデルを選ぶべきなのです。

 

こうして具体的に考えると、その通りだと納得するのです。

でも、稼いでいる(と思われる)人から「アフィリエイトが稼げる」という話を聞くと、みんな盲目的にそれを信じてしまうのです。

なぜなら、お金を稼ぎたい人の多くが、「これなら絶対うまくいく」という手法を探しているからです。

そんなのないんですけどね…。

 

ちなみに、自分の強みは(既に稼げている人以外は)成功者から見てもらうことが大切だそうです。

「初心者は100%ビジネスモデルを間違える」とおっしゃっていました。

 

アフィリエイトというビジネスモデルを選んでいい人

その経営者は、「クレジットカードの専門家」にはアフィリエイトが良いとオススメされていました。

他にどんな人にアフィリエイトがオススメかというところは、残念ながら具体的に伺えませんでした。

 

ただその方のこだわりが、「誰からも感謝されるビジネスをすること」だったのですね。

ビジネスする上で、「ありがとう」の対価としてお金をいただくというのは、本当に当然のことですよね。

 

にも関わらず、「お金さえ稼げればいい」という姿勢でアフィリエイトをやってらっしゃる方が多い印象があります。

打算、損得勘定でビジネスはスタートするものではありません!!

ビジネスモデルを選ぶ前に、まずその在り方を見直すことが必要です。

 

 

広告を非表示にする