リッチな男になる方法

リッチな男になる方法

学生時代から「月収100万・全国一位」の記録を出した夫を持つ妻が語る、仕事と家庭の成功法則。

たった1人で月収100万を達成した経営者の「目的思考」とは

たった1人で月収100万円以上を継続してらっしゃる、女性経営者から伺ったお話です。

その方は、リアル店舗を経営しているのですが、起業5年目まで誰にも教わらず、独自の方法で経営を軌道に乗せて行かれました。

f:id:ma-produce:20161210063250j:plain

1つの成果にフォーカスして行動する

その経営者の方が一番最初におっしゃっていたこと、それは…

「みんな無意識に2つの成果を取ろうとしている。1つの成果に絞りましょう」

でした。

 

どういうことかと言うと、みんな「稼ぐと決めた!」と言いながら、

「お金を稼ぎたい」と「休みたい」

「お金を稼ぎたい」と「ラクしたい」

のように、2つの成果を取ろうとしていうことでした。

 

エネルギーは1つだけにしか注げない

例えば、「接客する」というお金を稼ぐための行動と、「寝る」という休むための行動は、当然ながら両立しませんよね。

成功しない人は(無意識にでも)この両方の成果を取ろうとしてしまっているそうです。

働きながら休みたいと思っていたら、働いているときに100%の成果を出せません。

そもそも、休みたい気持ちが大きければ、働く時間を減らしてしまうこともあります。

 

それに対して、うまくいく人は、何かをやろうとしたときに、1つの成果に向かってエネルギーをすべて向けているのです。

 

「目的は何か?」考え行動の優先順位を決める

例えば、この経営者の方の場合。

起業1年目は、営業時間外でも休日でも、すべての電話に出ていたそうです。

1年間は、とにかく認知を広げることに徹すると決めていたとのこと。

新規のお客さまを取りこぼさないように、常に手帳を持ち歩き、定休日でも対応していたそうです。

 

つまり、「認知を広げる」という目的を達成するために、「休む」「ラクする」という選択肢を捨てたということです。

このように、目的を決めて、優先順位通りに行動することが大切だとおっしゃっていました。

 

アナタはどうでしょうか?

決めた目的のために、どこまでコミットできますか?

行動できますか?

広告を非表示にする