リッチな男になる方法

リッチな男になる方法

学生時代から「月収100万・全国一位」の記録を出した夫を持つ妻が語る、仕事と家庭の成功法則。

「なぜオンとオフの切り替えがうまくできるのか?」を営業で月収100万円稼ぐ男が語る

学生時代から営業のバイトで月収100万円稼ぎ、全国一位の成績を出してきたダンナさん。

それに対して、私はただの元事務職。特別な成果もなし。

バリバリ営業大好きで成果を出してきたダンナさんと、平々凡々マインドの私の「思考の差」をお楽しみください♡

f:id:ma-produce:20161208012944j:plain

私が会社に勤めていた頃、引っ掛かる案件があると休日でも悶々としていました。

それに対して、ダンナさんは休日を思いっきり楽しめる人。

それどころか、家に帰ったらリラックスモードで、不眠とは無縁な人です。

 

ーどうしてそんなにうまくオンとオフを切り替えられるの?私なんて仕事を引きずっちゃって、不眠症になったこともあるのに。

「プラス思考だからかな。どんなことについても『なんとかなる』と思ってるから。究極、仕事で何があっても命まで取られないしね

 

ープラス思考ってなろうと思ってなれるもの?

「経験を積んでそうなったのかもしれない。ずっとスポーツをやってきて、1点取られても切り替えて次にいかなきゃいけなかったからね。いちいち落ち込んでられないし」

「営業も同じで、1人断られる度に凹んでたら何もできない。どんどん次にいって、どんどん場数を踏んでいったことで、メンタルでも安定感が身についたのかもしれないね」

 

ーなるほど!スポーツでも仕事でもメンタルが鍛えられてきたんだね。

「あとは、出来る限りの対策を打つ癖がついてて、無防備な状態で休日を迎えることはないようになってるからかな。『これでダメなら仕方ない』と思えるくらいやってるよ

 

「 開き直り」と「今この瞬間に集中」がコツ

私自身、会社員時代は、仕事で気がかりなことがあると、書類に追いかけられる夢を見たり、夜中に1時間おきに目が覚めたり…という経験をしてきました。

上司を見ても、年の割に頭が真っ白で老けている方も多かった…。

 

でも、ダンナさんはとにかく若々しい!

もう30代半ばですが、20代と言っても通用します。

それは、オンとオフの切り替えがしっかりしていて、必要以上に悩まないから。

 

いい意味での「何があっても死なない」という開き直り。

「これでダメなら仕方ない」と思えるレベルで目の前のことに取り組んでいること。

この2つが、しっかり働きしっかり休めるコツのようですね!

 

広告を非表示にする