リッチな男になる方法

リッチな男になる方法

学生時代から「月収100万・全国一位」の記録を出した夫を持つ妻が語る、仕事と家庭の成功法則。

「どうしてそんなに仕事が早いのか?」を営業で月収100万円稼ぐ男が語る

学生時代から営業のバイトで月収100万円稼ぎ、全国一位の成績を出してきたダンナさん。

それに対して、私はただの元事務職。特別な成果もなし。

バリバリ営業大好きで成果を出してきたダンナさんと、平々凡々マインドの私の「思考の差」をお楽しみください♡

f:id:ma-produce:20161201094203j:plain

社内でこっそり休日出勤している方はかなりたくさんいますが、ダンナさんはほとんど休日出勤しません。

年に1,2回、程度でしょうか。

でも仕事の成果は確実に出すのです。

そんなダンナさんに聞いてみました。

 

―みんな結構休日出勤しているよね。どうしてそんなに仕事速いの?

「休日出勤してる人に『大変だね~』っていたわる人もいるよ。でも、長時間労働したほうがエライなんていう考え方はおかしい。いかに時間内で最大の成果を出せるかが勝負だよ。時間を制限しないでダラダラ仕事するなんて、誰にでも出来る」

 

―妻としても、あなたの考え方のほうが嬉しいです♡

「そうでしょ(笑)それに、休日出勤が癖になると、どうせ土日にやればいいと思って、ますます仕事が終わらなくなる」

 

―私もそんな時期あったわ…。これ終わらないけど、土曜日にやればいいかーって考えて。

「そうなんだよ。実際本当に終わらないなら仕方ないけど、毎週毎週休日に出てるのは、明らかにやり方がおかしい。

本当なら休日出勤が続いてる現状を振り返って、対策を立てないといけないのに、それをしないで“休日出勤して頑張ってる自分”に満足してしまってる」

 

仕事のスピードを上げる具体的な方法

―とは言っても、私が社員だったときは、本当に仕事が終わらなかったんだよね…。どうしたらスピードが上げられるの?

「どんどん入ってくる仕事に、どれだけスピーディーに正しく優先順位をつけられるかが勝負だね」

 

―優先順位…。私、とにかく重要なのを先にやってたよ。あと、大変そうなのは後回しになりがちだった。

「自分は、まず簡単に処理できるものは全部真っ先に処理してる。例えば、ちょっと返信すれば終わるメールがきたら、他に重要なものがあっても、先にメールだけ返しておくんだ。そんなの5分もかからないからね」

 

―他に重要なものがあっても!?

「そう。手元のTO DOリストをなるべく減らしておく。メール1本、電話1本で終わるものや簡単に処理できる案件は、相手に球を投げておく。そうすれば、相手からの連絡を待ってるだけでいいからね」

 

―だからいつもレスポンスが速いんだ!!!!

(ダンナさんは付き合っていた当初から、尋常じゃなくメールへのレスが速かったのです)

「そう。優秀な営業マンは全員レスポンスが速いし、レスポンスの遅い人で優秀な人を見たことがない」

 

後回し禁止

―私、メール1本でさえ後回しにしてました…。他に意識してることは?

「それと、時間や手間がかかりそうなものでも、何もしないんじゃなくて、はじめの取っ掛かりだけ手をつけておく」

 

―どうして?

「そうすると、その仕事にどれくらいの時間と労力がかかるか、検討がつくからね」

 

―私、丸々後回しにしてたよー!でも先に済ませるとか後回しにするとかの判断って、どうやってするの?

「経験だね。それは経験を積んで精度を上げていくしかないよ」

 

小さな達成感の積み重ね

付け加えると、彼は常に仕事の期限を厳しく決めています。

TO DOリストをフル活用して、期限までに仕事を終え、終わったものは消し込むということを徹底しています。

それにより、日々小さな達成感も得ているようです。

 

そして、常に「短い時間で最高の成果を出すこと」にフォーカスしているのです。

労働時間を長くして残業代をもらうとか、そんな思考は微塵もありません。

 

優秀な社員、愛される夫は長時間労働しない

モーレツ社員(死語?)がもてはやされていた時代もありましたね。

でも、経営者からすれば、業務時間内に素晴らしい成果を出す人が最高ではないでしょうか?

家族からしても、毎日帰りは遅くて休日も会社に行ってしまう…

挙句に、「仕事してるんだから」「疲れてるんだから仕方ないだろ」とのたまう夫はご免です。

メリハリをつけて仕事をし、家ではいい夫でありパパであって欲しいですね。

 

アナタもこの話を参考に、仕事に対するスタンスや、仕事を処理する優先順位を変えてみてはいかがでしょうか?

 

広告を非表示にする