リッチな男になる方法

リッチな男になる方法

学生時代から「月収100万・全国一位」の記録を出した夫を持つ妻が語る、仕事と家庭の成功法則。

札束の写真を待ち受け画像にしてみたら…自分に絶望した話

f:id:ma-produce:20161125160017j:plain

まだまだお金のブロックが多いMariaです。

今日は、自分のブロックを見つけた体験談をお話したいと思います。

 

 

 

先日、一千万円分の札束画像を携帯電話の待ち受けに設定してみました(上の写真ですはないです)

ほら、ビジョンボード(ご存知ない方は検索してみてください)を作って飾っておくと、それが潜在意識に入って現実化が加速するって言うじゃないですか。

「お金が欲しいなら、お金の画像をいつも見れるようにしておいたらいいんじゃない?」と軽い気持ちで設定してみました。

 

そうしたら、出てくる出てくる、お金のブロック!

 

電車の中とか公共の場所で携帯を使おうとすると、自分の待ち受けが人の目に触れるじゃないですか。

それが「札束」なわけですよ。

「お金をがめつく求めてる人だと思われるのでは?」

と周りの視線が気になって、携帯を使うことを躊躇する自分…

 

 

 

例えば、大好きなアイドルの写真、彼氏の写真、子どもの写真、愛犬の写真を待ち受けにしている方、たくさんいらっしゃいますよね。

そう、好きな人、好きなモノを待ち受けにする人はたくさんいますし、私自身「好きなモノは人それぞれ。どうぞご自由に」というスタンスです。

 

でも、それが「お金」になった途端に出てくる抵抗感…

周りにどう思われるか、気にしている自分。

大好きな「お金」の写真を待ち受けにしていることを、恥じてしまう自分。

「お金」が大好きなことを隠そうとしてしまう自分。

 

一番は、

 

自分の欲望よりも、人の目を気にしている自分。

 

これ。

まさにこれ。

これが浮き彫りになり、絶望しました。

私、まだそんなこと気にしてたんだ…と。

 

 

 

このままでいると、例えばビジネスにおいて価格設定を決めようとしたとき、

「本当は1万円に設定したいけれど、がめつく思われたらイヤだから8千円にしよう」

という思考が働く可能性がありますよね。

 

人の目を気にして、受け取り拒否。

 

このままで豊かになれるはずもありません。

 

まだ自分の中にこんな設定があったのかと、本気でショックを受けましたが、

その後に「自分の欲望に素直に!豊かさを受け取る!」と決意しました。

 

 

 

これを読んだ方、上の画像を使っていただいてOKですので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

アナタは何を感じるかしら?

広告を非表示にする